「愛」や「恋」だなんて正直よく判んない。日々追求・研究中……。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そう。
身をもって経験しないと学習できないタイプだ。私は。


私の好みのタイプ。
クールで、
私に夢中にならない人。
好みっていうか自分から惚れるタイプが、かな。
特に「自分に夢中にならない人」ってとこが大きい。

知人には
「相手が好きになってくれたら好きになってしまう。」
って人が何人かいる。
その想いが嬉しくて、自分も好きになるらしい。

私は…
きっとその逆だ。
好かれると、引いてしまう。
(まぁ、自分が好意を持った相手に好かれる事は殆ど無かったんだけど。)

1年以上引き摺った先輩…
今思うと、かなり私を蔑ろにしてた。
でも、
だからこそ、引き摺ってしまっていたのかもしれない。
自分に夢中になってくれなかったから。

あれから少しだけ経験が増え、
恋愛に対する考えはだいぶ変わり、
「先輩は結構ダメ人間だったし、付き合っても幸せにはなれない」
そう思うようになった。
もう一度付き合いたいだなんて思わない。

それでも、
私の中から先輩は消えないし、
憎めないし、
むしろ今でも「格好良かった」、
そう思う。

結局は、今の自分の理想のタイプは先輩のような人なわけで、
(たとえ幸せを感じられないと解っていても)
先輩自身を吹っ切ったからと言って好みが変わるわけではなかった。


経験を積んだからって、
痛い目を見たからって、
好みのタイプが変わるかなんて今は解らないし、
何らかの幸せに近づけるかなんて解らない。
それでも、
今のうちに冒険してみようと思う。
スポンサーサイト
って、どうなんだろう?
有り?それとも無し?
いや、まぁ、有り無し言った所でやる人はやるんだけどさ。


これも恋愛の醍醐味なのかなぁ。
いわゆる駆け引きってやつ?
有り、だと思わなくもない。
有りって言うか、結局はされてしまえばその事実を受け止めるしか無いから。
でも、実際されてみて腹が立った。
腹が立ったのは、多かれ少なかれその人に対して恋する気持ちが有ったから。

お互い好きで恋しあってて、最終的には付き合う方向にいきたいと思ってるならそれもいいと思う。
でも、探ってる段階で思わせぶりってどうなのさ。
と、思ってしまう私はまだまだ子供なのか。
探ってる段階だからこそ、いいものなんだろうか。

思わせぶりな態度取られて、他の女の所へ行かれても、
「ふっ。今回は私の負けね。」
みたいな感じで軽く笑えるくらいの余裕を持っているのが大人なんだろうか。


結局はさっき述べた様に、された事は取り消し様が無くて、その事実を受け止める他は無い。
(これは恋愛に限った事ではないけれど。)
何を言った所で、
『こんな事』するなんて信じられないと言った所で、
相手の行動を思い通りにする事などできないのだから、
『こんな事』するのを阻止する事なんてできない。
だから結局は何でも有りなんじゃん?
一般的に考えられる様なモラルに反する行動だって有りなんじゃん?
正論を考えて掲げてみた所で、解らない相手には解らない。

後は、自分がそれをするかしないか。
ひっかかるかひっかからないか。

やっぱり経験積んでくしかないのかねぇ。
実家に戻ってきて1週間。
色気も恋愛のかけらも何も無く遊びまわってた。
女友達と飲んで食べて…
あぁ…恐ろしすぎて体重計なんて乗りたくない…

前回の恋が冷めて1週間以上。
相手に彼女ができたことに対して何とも思わなくなった。
正確に言えば、思い出すと未だに多少プライドは傷つくけれど。
でも、悲しい気持ちも失恋した感も無い。
むしろ、翌日にはケロケロしてた。
ってことはやっぱ、そこまでのめり込んではいなかったんだな、と思う。
きっと自分は気持ちをセーブしてた。

ってことになると、この先、堕ちる様な恋なんてできるんだろうか、と思う。
恋って、結構、思い込みで成り立っている部分があると思う。
「好きかも」って気持ちが有って、
「好きだな」ってなって、
「めっちゃ好き」ってどんどん思い込んでいく。
それを、気持ちをセーブしてしまったら…
思い込みを防いでしまう。

それとも、本当に自分にぴったりって人が存在して、その人に対してはセーブも何も利かずに恋に堕ちるものなんだろうか。
そんな都合のいい話…有ればいいけどなぁ。

実際、今も自分が堕ちる様な恋愛を望んでいるかどうかさえ微妙だけれど。
とにかく今は、
次の恋へ杞憂するより…
体重計に乗る勇気を持つべきかな……。
「男と女の間に友情は存在しない。」

という内容を昔、雑誌のコラムで読んだ事がある。
恋愛を科学的に検証したものだったはず。

言ってる事は解らなくもない。
それでも私は、男女間にも友情は存在すると思う。


私には、家で二人っきりで語れる人が居る。
その人とは音楽の趣味が被り、その趣味を理解してくれる人は実生活において、なかなか居ない。
仲良くなるには十分な理由だと思う。

それでも、相手には彼女が居るし、私にも恋愛感情は無い。
遊ぶ時、彼女には内緒らしいけれど(縛りが強いから)、私にも相手にもやましい感情は何一つ無い。
「友達以上恋人未満」なんてアバウトな関係じゃなく、確実に「友達」。
だからこそ、こうして会えるんだと思う。
私はその人に恋愛相談をするし、その人も彼女について語る。
かなり年上という事もあり友人と呼ぶには少し違和感を感じるけれど、そこには友情が存在すると思う。
(「思う」というか、私の中では「確実に存在する」。)

それでも、異性間の友情は同性間の友情とは異なると思う。

私が友情を感じてるその人は近いうちに遠い地へ向かう。
そうなると、きっともう、今までみたいには会えない。
これが同性の友達なら遠くても泊まりに行けたりする。
それが異性だと難しくなる。

男女間の友情でめんどくさいところ、
それは本能的な部分でお互いを異性だと認識している部分だと思う。
理性だとかいう内面的な問題の前に、生物には外見的に男と女というカテゴリーが有る。
そして、理性は友情をもたらしもするけど、そのカテゴリーを元に友情を邪魔する事もある。

悲しいなぁ。
と、まぁ、そんな人も居る。と、思う。
(遊び人だと思ってた男の子との語り合いより分析。)

純愛…というかロマンチックな恋(?)かな。
そうゆう恋ができる相手と出会いたいから色々な経験をしていく。
とりあえず付き合ってみたりもする。
そして「何か違うな」と思ったらすぐに切る。
本当に好きになれる相手なんてなかなか現れないから経験だけが重なって遊び人っぽくなってく。
(まぁ、実際遊んでるわけだけど。)

その人には過去に体だけの関係の人が何人も居たらしい。
(ホントは今も居るかもだけど。)
そうゆう人(いわゆるセフレを持つ人)は特定の恋人なんて作りたくないんだと思ってた。
恋人という関係になるとメールとかその他色々煩わしい事が増える。
だから、ただ遊びたい時に遊べるだけの相手の方がいいのだろうと思ってた。

でも、そうでもないらしい。
普通に彼女が欲しいらしい。
だからとりあえず付き合ったりもするらしい。
本気で好きな人ができたらちゃんと他は切るらしい。
きっとメールとかも送るようになるんだろう。
(セフレには自分からは連絡しないって言ってたけど。)

きっと自分が本当に好きになれる人の出現を待ってたりするんだろう。

ま、実際どこまでが本心なのかはわかんないし、遊ぶ自分への言い訳かもしんないけど。
引き続きリサーチの必要性有り。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。