「愛」や「恋」だなんて正直よく判んない。日々追求・研究中……。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9ヶ月ぶり……。

自分のブログを見て驚く。

自分、こんなんだったんだ、と。

擦れてた、のか。強がってた、のか。

そんな自分が懐かしい。


今は、変わってしまった。
と言うより、戻ってしまった。

女々しい自分に。


相手に追いすがる自分が居る。

相手が居ないと生きていけないんじゃないだろうかと思う。

相手に好かれてると実感できないと不安になる。


安心しきってしまった私は変わってしまった。

良かったのか、悪かったのか。


「相手に浮気されたりして裏切られたとしたら…
 私の胸は痛むんだろうか?
 プライドでは無く、哀しさでもって傷つくんだろうか? 」

そんな疑問を抱えてた自分は何所へ行ってしまったんだろう。

今、そんなことされたら…
私の心はずたずたに、
何も手につかなくなるはず。

相手が居ないからって生きていけない訳じゃない。

訳じゃないけど、虚ろなまま暫く生きていくんだろう。

重くなりすぎた自分の想い…

危ない、そんな気がする。
スポンサーサイト
そう。
手帳を見て驚いた。
自分の手帳なのに、正に驚かされた、という感じ。


私の相手は飲食店の社員であるため、「週休2日」という様に休日が定まっていない。
シフトが出たらお互いに予定を見せ合って泊まる日等を決定する、てな具合。
忘れない様、泊まる日は手帳に日を跨げて矢印を引いておく。

10月のページに存在する矢印の数…
およそ2週間相手の家に泊まっていた。
てか、殆ど毎日会ってるし。
一体どういう事?

そんなに会っている自分が信じられない。
ただ、これだけ会っていても嫌じゃないって事は、
相手の事が好きだからなのかな、とも思う。
(まぁ、好きは好きだけど。)
全然ドキドキはしないけど、それでも好きっていうのもアリなんだろうか。


これだけ会っている事実に対して、私だけじゃなく、向こうも信じられないと言っていた。
相手なんて前の彼女とは月1くらいでしか会ってなかった様な人だ。
(最後の方はうまくいっていなかったっていうのもあるだろうけど。)
信じられないながらも楽しい、と言う。
何だか新鮮だ、と言う。

ただ、その言葉や感情が何時まで続くかは判らないよ、と思ってしまう自分が居る。
捻くれてるのかどうか。
付き合い始めの今だから楽しいと思っているだけかもしれない。
そうじゃないかもしれないけど。

ただ、本当に今だけなのかそうじゃないのかはいずれ判る事なんだろう、と思う。
(それでも考えてしまうのが私の性格なんだけれど…)
とりあえず嫌じゃないから、飽きるまでこの生活スタイルでいってみようかと思う。
し過ぎましたね。ブログ。
レポートやらテストやらに追われて…。
そしたら状況もちょっと変わって何書こうかって考えたらめんどくて。
う~ん、ダメダメO型。

とりあえず、年下くんに芽生えた恋心は芽吹く事無いまま終わった感じ。
向こうにはちょっとこっちの気持ちがバレてしまった感じ。
そして私は、やっぱりこの子は無理だと悟った感じ。
別に気まずくも無く、前と変わらない感じ。

そして冬に向けて頑張ろうと思って、あまり気が進まなかったけど友達から紹介してもらって。
すでに3週間目。
忙しくて未だ会えず。
メールがめんどく感じて、殆どしなくて。
やっぱり自分にはこうゆうこまめな事は向いてないと悟った感じ。

どっちにしても最近の自分は男の人と関わっていくと引いてしまう。
年下くんにしても、紹介の人にしても。
「え?こうゆう行動するの?」
って思って、ショックを受けるわけでも無く静かに引いてしまう。
些細な事でも。
「え?こんなに絵文字使っちゃうの?」
みたいな。
友達に対しては思わないけど。
恋愛対象になるかもしれない人には、何故か…引いちゃう。
嫌いになるわけじゃないんだけどね。

こんなんで引いてるようじゃなかなか墜ちるような恋はできないな、と思う。
う~ん、今はそんな恋したいともあんまり思わないかなぁ。

とりあえず…めんどい……(笑)
ヤバい。
自分、結構まじでハマってる。

「二人だけで話せたらいいな。」
とか
「シフトかぶってないかな。」
とか
「メール受信音変えちゃお。」
とか。

………完璧恋してんじゃない?

バイト先の年下の彼。

よくよく考えてみると、相手は結構自分のタイプだったりする。
外見的にも内面的にも。
ただ、年下だ。
私の理想は昔から「甘えられる年上」だった。
(あくまで理想だったけど。)
だから無意識のうちに範疇に入ってなかった。

なのに。何故?
今では年下だって事も気にならない。
(大学1年って若いな、とは思うけど。)

むしろ気になるのは、
向こうが前の彼女を引き摺っている事。
向こうが年上は興味ないって言ってた事。

一緒にインすると必ずからかってくる彼。
怒っ(た振りし)て
「私、一応年上なんだよ~」って言うと、
「七海さんは年上に見えないんだもん。」て返事。
何気に最高に嬉しくなってしまう。
私のツボを上手く押さえてくる彼。
こんな事されるから範疇から外せなくなってしまった。

それでも、
外せないのに、踏み出せない。
どうしても今のバイト先を辞めたくない。
彼の存在は置いといたとしても、本当にいい職場だから。
気まずくなるのだけは嫌だ。

……って、前の時も
「気まずくなるくらいならずっと友達がいい」
なんて悩んでた気が……。

とにかく、好きだよ。
(って告ってみたり・キモっ)
気になる。

憎まれ口たたき合うのが楽しくて。

からかわれてるのが心地よくて(?)

会えたらいいな、ってちょっと思う。

周りから冗談で「あいつはどうよ?」って言われるのが何故かこっぱずかしくて。


う~ん。
でも、恋までいってない。
セーブしようとしてる。
「一緒に居て楽しい」のを「恋愛感情」とごっちゃにしてしまうのが怖い。
「恋したい」って思いから気になってるだけかもしれない。
1週間後にはケロッと忘れてる気がする。

……年下の男の子。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。