「愛」や「恋」だなんて正直よく判んない。日々追求・研究中……。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書くことがいっぱいありすぎる気がして整理がつかない。

とりあえず言える事は、
振られた。
って告っても無いけれど。
それでも薄々と私の気持ちは気付かれていたと思う。

私も薄々と微妙な何かを感じ取っていた。
今日、遊びに誘って断られたらもう連絡するのは止めようと思っていた。
返ってきたメールの中には、
「彼女ができたから二人で遊ぶのは無理。」
の文字。

7月後半、私は彼等とキャンプに行く予定だった。
でも直前に、一緒に行くはずの彼の友人に嫌悪感を抱くような出来事が起き、惜しみつつ断念した。
正確に言えばセクハラされたわけだけど、彼はこの事を知らない。
言う事なんてできなかった。

抜けた私の代わりに一緒にキャンプに行った人。
それが今の彼女らしい。

くやしい。

ずっとドタキャンした事を申し訳無いと思ったり後悔していた。
それなのに、皮肉な事に、相手にとって新たな出会いの場を提供していた。
[頭がごちゃごちゃ]の続きを読む
スポンサーサイト
以前付き合っていた彼から。
今となっては嫌悪感すら覚える人。
今更何を言われても私の心には響かない。

「君を愛しているから幸せになって欲しい。
 これからもずっと君を好きでいる。」

どうして「ずっと」だなんて言えるの?
今は確かにそう思ってるかもしれない。
でも21歳の人間が、これから先も叶いようの無い想いを抱いて「ずっと」生きていくの?
有り得ないよ。

そして、
「愛してる」?
「幸せになって欲しい」?

私に出会う前の人にも全く同じ内容の事を言ってたのを私は知ってる。
付き合ってる時にその事に触れたら
「今はお前しか見えないの。」って言ったよね。
そんなんで「ずっと」なんて言われても信じらんないし。
好きになったら誰にでも言うんじゃん。

言いたくなる気持ち、解らなくもない。
けどさ、
信じられないよ。

私にだって1年以上想いを引きずった人が居た。
だからって安易に「それだけその人を想ってた」という結論には至らないとは思う。
でも、別れて1週間もしないうちに彼女つくって2週間もしないうちに別れるのってどうなのよ。
「寂しかった」
「苦しかった」
解るよ。そんな事は。
振られた時の辛さは経験してるから。
流されるのも自由だと思う。
痛みが減るように行動するのも有りだと思う。

でもさ、やるなら上手くやりなよ。
私のそれまでの考えを変える程幻滅させておいて今更何よ。

信じられない。
そんな人の言う「ずっと」が…
「愛してる」の意味が…
「幸せになって欲しい」という思考回路が…
「男と女の間に友情は存在しない。」

という内容を昔、雑誌のコラムで読んだ事がある。
恋愛を科学的に検証したものだったはず。

言ってる事は解らなくもない。
それでも私は、男女間にも友情は存在すると思う。


私には、家で二人っきりで語れる人が居る。
その人とは音楽の趣味が被り、その趣味を理解してくれる人は実生活において、なかなか居ない。
仲良くなるには十分な理由だと思う。

それでも、相手には彼女が居るし、私にも恋愛感情は無い。
遊ぶ時、彼女には内緒らしいけれど(縛りが強いから)、私にも相手にもやましい感情は何一つ無い。
「友達以上恋人未満」なんてアバウトな関係じゃなく、確実に「友達」。
だからこそ、こうして会えるんだと思う。
私はその人に恋愛相談をするし、その人も彼女について語る。
かなり年上という事もあり友人と呼ぶには少し違和感を感じるけれど、そこには友情が存在すると思う。
(「思う」というか、私の中では「確実に存在する」。)

それでも、異性間の友情は同性間の友情とは異なると思う。

私が友情を感じてるその人は近いうちに遠い地へ向かう。
そうなると、きっともう、今までみたいには会えない。
これが同性の友達なら遠くても泊まりに行けたりする。
それが異性だと難しくなる。

男女間の友情でめんどくさいところ、
それは本能的な部分でお互いを異性だと認識している部分だと思う。
理性だとかいう内面的な問題の前に、生物には外見的に男と女というカテゴリーが有る。
そして、理性は友情をもたらしもするけど、そのカテゴリーを元に友情を邪魔する事もある。

悲しいなぁ。
「友達としてでも傍で楽しく過ごしたい。」

「友達として楽しく過ごしたい。」

自分の気持ちがどんどん後者に近づいてる気がする…。
諦めからなのか、それともただ単に冷めただけなのか。

相手に引け目を感じて諦めた、ような気もする。
些細な事が積み重なって冷めた、ような気もする。
恋特有の夢中さから抜け出して冷静になった、ような気もする。

いきなり、だ。
一昨日遊んでいきなり、こう。
楽しくなかった訳じゃない。
いつものように飲んで、馬鹿みたいに騒いで。
相手の態度に変化は無かったし、いつも通り楽しかった。

一昨日、
2人で遊んで自分がこれからどうしたいのか探ってみようと思った。
タイミングの悪いことに、突然訪問者がやってきて3人で遊ぶ事になった。
この事にテンションが下がってしまったのは確か。
それでもこれは、どうしようもなかった。
彼に非は無い。

このテンションの下がり具合が影響したのか。
一日というインターバルを置いて私の心に変化が訪れた。

「今、彼と付き合えるなら付き合いたい?」
そう聞かれたら、
「わかんないけど、とりあえず付き合っておこうかな。」
と、答える気がする。
でも、
「彼とどうしたい?」
そう聞かれたら、
「別に。」
って、言う気がする。

まぁ、今そう思ってるだけかもしれないけど。
女心と何とかって言うしね。
それでも季節は夏だけど…
大学に入りたての頃にやっていたドラマ。
男女5人の爽やかな学生生活。
あんなキャンパスライフを送れたら、そう思っていた。

入学1年目。
ウチの大学ではオレンジデイズは無理だと諦める。
入学2年目。
あれはドラマだという事に遅ればせながら気づき、後にオレンジデイズの存在さえ忘れる。
入学3年目。
今更ながら、なんちゃってオレンジデイズを体験する。

どうして「なんちゃって」なのか。
それは…
私たちはあんなに爽やかじゃないし
(遊ぶときは大抵酒入ってるし…)
そこには渦巻く恋愛感情は無いから。

正確に言うと、私には有る。
彼が他の女の子の話をすると嫉妬が生まれるし、近くに居たい、と思う。
でも、何よりも、この似非オレンジデイズを壊したくない、と思う。
飲んで騒いで馬鹿みたいに笑える。
それが今は何よりも楽しい。
学科のみんなが知らない3人だけの秘密。
私たちだけの関係。

そんな関係を壊したくない。
臆病なだけかもしれないけれど。
壊すまでの恋愛感情が無いだけかもしれないけれど。
少し切ないけれど、
それでも、
友達としてでも傍で楽しく過ごしたい。
「自分が幸せにできないなら、
 せめて他の人(気になってる人)と幸せになってもらいたい」

と、言われた。
友達になりたいな、と思っていた人に。
実習中の出来事。
寂しがり屋で
来るもの拒まずで遊んでしまう
年上に可愛がられそうな彼。

「七海の事は本気だから」

いやいや、今でも昔の彼女を部屋に入れてるあなたに言われても…。
まぁ、悪い子じゃないんだけどね。
優しいし。
でも、優しさと優柔不断って紙一重な部分が有ると思うんだよね。

ま、そんなことはともかく、彼の言った言葉。
そうゆう考え方、きっと素晴らしいものなんだろうけど、私には理解できない。
自分が好きな人には自分と幸せになって欲しい。
どうして自分以外の人と幸せになって欲しいと本気で思える?
そこに嫉妬や憎悪は混じらないの?
自分が独占したいと思っている相手が他の人に独占されても何故平気なの?

こんな風に考える私は幼稚なんだろうか。
あんな風に考えられる彼は大人なんだろうか。
それとも口だけ?

今気になってる彼に彼女ができたら…
そこには必ず嫉妬が生まれる。
「仕方がない。」
とは思う。でも、
「その彼女と幸せになって欲しい」
なんて私に思える訳が無い。
どうして、手に入れたいと思っていたものが手に入らないと知って素直に喜べると言うの?

「幸せになって欲しい、と思えるようにしよう。」
と心の中で葛藤するのならわかる。
時が経ってから「今なら幸せになって欲しい、と思える。」
というのも解る。
でも、手に入らないとわかった時点で、
自分以外の誰かと「幸せになって欲しい。」
有り得ないでしょ?
それともそれが「愛する」という感情なの?
思いやりなの?
それは偽善ではないの?

こうゆう話をすると「だからガキなんだよ。」と言われる。
じゃあ、欲しいと思ってたものにすぐに踏ん切りがつくのが大人なの?
それって諦めじゃないの?
カッコつけてるんじゃないの?

やっぱり私には思えない、解らない。
きっと恋してる。

どきどきして窒息死しそう…
なんて程のどきどきじゃないけどさ。
一緒に居て(飲んでて)楽しい、
そう思う恋。

ただ、
これが本気の恋か、と言われたら解らない。
そもそも「本気」がよく解らない。
相手にのめり込んで前が見えなくなるのが本気?
四六時中相手のことを考えてしまうのが本気?

今、私はきっと恋してる。
でも、他にもっと素敵な人が現れたらそっちへ想いは傾く。
そう思う。
相手の言動に一喜一憂してる
けど、
きっとそんな程度の恋だと思う。

それでも相手に彼女ができたら…
なんて時間の浪費にしかならないような心配とかしてみちゃったり…
やっぱりそれは嫌だな、って独占欲感じてみたり。

最初は違った。
ぱっと見嫌いな人だったし、自分がこんな微妙な想いを抱くとは全く思ってもみなかった。
今は…他に気になる人がいないから気になってるだけなのかな、とも思う。
それさえも自分への言い訳に聞こえるけど。
でも好きは好き。
本気かどうかはともかく、それだけはホント。
恋かどうかもともかく、「好き」だけはホント。
う~ん、21にして自分子供だなぁ…
お腹に固形物を入れることなくアルコールを流し込む。

次第に愉快な気分になってきて、
盛り上がって、
ハメられて一気して、
胃がぐわんぐわんして、
それでも寝ずに話してて、
完徹して、
朝の6時から6時間のバイトが始まる。

実習から帰って来た昨日、今日の出来事。

急遽できた空き時間。
実習先での愚痴を聴いて欲しくて彼に電話した。
友達と買い出し中だと言われた。でも、

「夜ならあいてるよ。」

本当はゆっくり家で休むはずだった。
実習で疲れて次の日のバイトさえ行くのが面倒だと思ってた。
それなのに、わくわくして彼宅に向かった私。
人間って不思議だ。

彼の友達も泊まってたため3人で飲んではしゃいで愚痴言って。
気付いたら夜の3時なんてあっという間に過ぎてた。
一緒に居ると時間が解らなくなる。
疲れているはずの体も休むこと無く付き合ってくれる。

友達が先に寝て、二人だけで話した時間。
彼にとっては何でも無いかもしれないけれど、
私にとってはささやかで大きな喜び。
同じ学科の女の子の中で私しか知らない彼の素顔。
私だけが彼の隣で横になれる。
いつ危うくなるかわからない、つかの間の優越感。

私たちの関係がこれ以上に進むことは無い。
最近、よく思う。
それでも、ほんの少しでもいいから他の女の子よりも近くに居たい。
特別な存在で居たい。
何言ってるかわかんないや。
とりあえず…
私の体、お疲れ様。
疲れた。
さすがに一週間以上の実習はキツい。
一週間は自分の悪いところをさらけ出すにも相手の嫌なところを目の当たりにするにも十分な時間だ。

今回の飲んだくれ実習で得た答え、いくつかあるけれど、とりあえず…

「女は怖い。」

いや、特に何があったってわけでもないけれど。
でもさ、あからさまに態度とか変えなくて良くない?

私が男の子と飲んで酔ってるのがそんなに気にくわない?
(仲のいい女の子たちが全然いない実習なんだから仕方ないじゃん。)
確かに酔って笑って泣いて最悪な姿も見せましたけど。
(確かに自分でもどうかと思う部分もあったけど。)

だからってどうして全く関係の無いあなたにイライラされなきゃいけないんですか?

わかってる。
あなたの元彼のいる集団と楽しそうにゲームして飲んでたのがいけないんだよね。
って、どこまで元彼縛るつもりだよ。
そんなんだから別れることになったって何故気付かない?解らない?
てか、私、そこまで元彼としゃべってないし。
いい加減にしてくれ…

きっと今回の実習で私は失ったものが多い気がする。
まぁ、仲のいい友達は関わってないからいいんだけどさ。
その他にもいろいろあったから悪い噂でもたたなきゃいいんだけど…
とりあえず、
疲れた。
寝よ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。